06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

**うどんを作る**

更新があいてしまいました・・・。

今回もさばめしです。

水が手に入らない時には不向きですが・・・

水はあるが、食べるものがないって時には良いですよ。

少しの材料で食べられます

小麦粉・水・塩 だけでOK


今回も紙カップで計量していきます!

小麦粉を紙コップに2杯
うどん2

塩をペットボトルのフタに1と1/2杯
うどん4

水を紙コップに1/2杯
うどん3

3つの材料をビニール袋に入れて
うどん5

もみもみしながら一まとめにします。
うどん6

まとまったらバスタオルやレジャーシートに挟むように袋ごと置いて
うどん7

踏みます。
うどん9
この時、袋の口は開けたままにしてね。

ふみふみしてると・・・旦那がやってみたそうにやってきます。
うどん10

その姿を見たちびさんもやりたそうに近寄ってきます。
うどん11
踏むお仕事は子供に押し付けます

↑これ大事。

子供の運動にもなるし、エコノミークラス症候群の対策にもなるかも?


だいたい30分ほど踏んでました。

その後30分ほど生地を寝かしました。
うどん12

半分にカットして袋の中で薄く伸ばします。
うどん13
麺棒がなければ、ラップで代用できます。

打ち粉をして折りたたみ、細く切ります。
うどん14

沸騰したお湯で茹でて
うどん15
ザルにあけて水で洗ったら完成です^^(半量です)
うどん16

1回目はめんつゆで。
うどん17

2回目は生卵とだし醤油で。
うどん18

水で締めたうどんはコシがあっておいしかったです!

釜揚げにしたうどんは水で締めたうどんよりは柔らかめですが

安いゆでうどんより断然おいしかったです


簡単にできるし、おいしいし!

体力を使うけど、そこはうまく子供に押し付ければ・・・(笑)



雨が多くなる梅雨時期、子供を疲れさせる運動としても

かなり良いと思いますよっ!









スポンサーサイト

**米を炊く 2**

ふと気が付きました。

「緊急時って、計量カップ持ってないかもしれない?」

私、防災グッズに入れてないもんな。


ということで、防災グッズに入れてある紙コップを計量カップ代わりにして

再び炊飯してみました。


100円ショップで買った20個入りの紙コップ。
紙コップでごはん1
紙コップの大きさはよくあるサイズです。

1個205ml入るそうです。

普通の計量カップとほぼ同じ。


ではさっそく
紙コップでごはん2
紙コップ1/2で 1/2合です。

普通のご飯を炊く時の水は
紙コップでごはん3
紙コップ1杯ほどにしてみました。

柔らかめのご飯が好きなので

硬めが好きな方はお米と同量くらいで良いと思います。


今回はおかゆも一緒に作ってみます。
紙コップでごはん4
左が普通ご飯の米袋  右がおかゆの米袋。

おかゆには水を紙コップ 1杯半~2杯 入れました。

水分量が曖昧なのは・・・

お米に水を吸水させてる間にちびが触りまくったらしく

袋に穴が空いてしまい水漏れしてまして・・・


新しい袋に入れ替えたものの、追加する水の量が分からなかった

吸水のため放置する30分は

子供の手が届かない場所に置いておきましょう!!


30分の吸水タイムが終わったら

沸騰したお鍋で湯煎します~。
紙コップでごはん5
袋が鍋肌にくっつかないように気をつけて30分。

その後火を切って、お湯につけたまま10分蒸らします。

これで完成です


おかゆの袋を開封~。
おかゆ1
おかゆになってます

お茶碗の内側が白いから見難いですね
おかゆ2
子供用のお茶碗で3杯分くらいありました。

おかゆは離乳食にも良いですし、お年寄りの方にも良いですよね。

私のおばあちゃん(90超え)も主食はおかゆでした

歯にも優しく、おなかにも優しい


袋で炊飯、やってみてくださーい!





*米を炊く*

停電時にお米を炊く方法です。

必要な物は・・・

・お米
・お水
・カセットコンロ&ガスボンベ
・お鍋
・ビニール袋

です。

材料にカセットコンロを書いておいて・・ですが、

緊急時の為に置いておきたいので、今回はガスコンロを使います。


今回はうまくいくか実験がてらなので少量で作ります。

使ったお米は精米しただけのお米で無洗米じゃないです。

無洗米じゃないけど、お米を洗わずに使います。

では作り方↓画像多めです。

袋にお米とお水を入れます。
袋で炊飯3
お米1/2合 お水はお米の量より少し多め(120cc)

空気を抜いて袋の口を縛ります。
袋で炊飯5
このまま30分置いておきます。

吸水させる事で糠臭さがなくなり、お米に芯が残らず炊けます。

30分後、吸水してお米が白くなってます。
袋で炊飯6

お鍋に↑の米袋が浸かるくらいのお湯を沸かして

鍋肌に袋がくっつかないように気をつけながら、袋を入れます。
袋で炊飯7
お湯がポコポコ沸騰している状態を保ちながら30分加熱。
袋で炊飯9
その後、火を切ってお鍋に入れたまま10分蒸らします。

これで完成です。

袋のお湯を拭いて開封。
袋で炊飯13
かたまりになってるけど、炊けてます。

食べてみた感想。
袋で炊飯14
炊飯器には劣るけど、おいしいです!

糠臭さもほとんどなく、お米の芯も残らず炊き上がってます。

吸水はホントに大事ですね!


今回は袋の状態を調べるためにお皿に出しましたが、

被災中等で洗い物を減らしたいときはこの袋のまま食べるのが良いです。

袋に入れたままおにぎりも作れます!手も汚れない!


で、ビニール袋の状態ですが。

湯煎で袋に穴が空くんじゃないか心配だったのですが・・・

水をいれてみたところ
袋で炊飯12
水漏れ無し!穴は空きませんでした!


本当に最小限のお水しか使えない時に活用してください。

米袋を湯煎するお湯は雨水・川の水などでも大丈夫です。

ただ、その場合は米袋を2重、3重にして

絶対に穴が空かないように気をつけてください。


ちなみに使用した袋は

半透明のポリエチレンの袋です。


ビニール袋・45㍑ゴミ袋・買い物袋・・・なにかと役にたつそうなので

防災袋に入れておくのが良いと思います^^







サバイバル・飯炊き

災害時、停電時に役にたつ、調理法を紹介しようと思います。


今、被災されている方の役にたつかもしれないし、

きっと自分が被災した時には活用するはずだし。


ネットで紹介されているものを使用しますが、

場合によっては自分なりにアレンジして紹介します。


基本的には我が家で防災グッズ・備蓄食として用意している物を使い、

足りない物は今後防災グッズ・備蓄食に追加する方向で考えます。

今から防災グッズ・備蓄食を準備する方の参考になるといいな。


カセットコンロ・ガスボンベを準備しているという想定でやりますよ!







遅ればせながら

この度の熊本地震により亡くなられた方々に

謹んでお悔やみを申し上げます。

また、被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の復興を心よりお祈りしております。

**愛用品**

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。