10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マカロンリベンジ④

純粉糖じゃなくグラニュー糖でマカロンを作ってみました。

結論から言うと


失敗しました。


まず粉類を入れる前の状態。
失敗マカロン2
いつものモコモコしたメレンゲ感が全くない(汗)

グラニュー糖・白砂糖使用だとこういう状態になるんだって。

この後粉類を入れてマカロナージュ。

絞って乾燥させること・・・

 
 6 時 間 。


6時間経っても全然乾燥しなくて!

諦めて焼いた!!

温度と時間はいつも通り。

できあがり図はこちら↓
失敗マカロン
どこからどう見ても失敗。

表面が開いた毛穴のように見えて腹立つ


ところが


食感がブッセとマカロンの中間くらいで

おいしかった。何故だ(笑)

旦那もえらくお気に入り。


あ、ちなみにドライヤーの風を当てても

こんな感じの焼き上がりでした。


という事で。


焼き上がりの姿を見てすぐ

純粉糖を注文しました!

増税前ギリギリセーーーーーーーフ。


純粉糖まとめ買い完了

次からまた粉糖マカロンのレシピでがんばるー!








スポンサーサイト

マカロンリベンジ③

またまたマカロン作りですよ~。

今回は旦那のリクエストの抹茶味!

チョコ味も同時進行です。

乾燥は今回は1時間半~2時間半くらいかな。


焼き時間は210℃予熱で焼く時は130℃で13分
抹茶マカロン
これがウチのオーブンのベストかなー?

ちなみに200℃予熱 120℃13分 だと生焼け感があり。

220℃予熱 130℃13分 だと焼きすぎっぽい感じ?

気温とか湿度とかも関係ありそう~。


出来上がりはこんな感じ~
抹茶マカロン2
可愛らしい~(笑)

しかし、今回の抹茶味・・・

マカロンの表面に油染みができてた。

チョコの方は油染みなかったから抹茶の粉が原因だろうねぇ。

も~~~難しいなぁ!



最近マカロンばっか作ってるから純粉糖がそろそろなくなりそう。

次は純粉糖不使用のレシピで挑戦してみる!

失敗したら純粉糖買います(笑)










マカロンリベンジ②

旦那「マカロンがもうなくなるよー!」

私『あ、はい作りますね。』


週1,2回マカロン作ってます。

まず、冷凍卵白を自然解凍してメレンゲ作り。

のち、あれこれ混ぜてマカロナージュ。

丸く絞り出して乾燥させて・・・

の工程は問題なくできるようになりました。

次からが問題だ~。


前回の調査を踏まえて焼くときは

クッキングシートの下に新聞紙をひかない!


まずいつもの焼き方で時間を短くしてみる。



◎160℃で1分 オーブンを開けて温度を下げる 130℃で13分

結果:160℃の時にピエ出来始めたが130℃で焼いてる間に

なぜかピエ消失。


◎160℃で3分 オーブンを開けて温度を下げる 130℃で10分

結果:160℃の時にモコモコとピエができるが
ピエ消失前
(見えにくいけどピエがモコモコ出てます)

やはり130℃で焼いてる間にピエ消失。



焼いてる間にピエがなくなる原因として有力だったのが

「急激に温度を下げた事によるもの」

オーブンを開けて温度を下げるからピエが消えたっぽい。




ならば、と。次の作戦。


◎160℃で予熱 オーブンにマカロンを入れたら設定温度を

130℃に下げて13分焼く。

結果:ピエが消失せず。ただもうちょっとピエ欲しいってとこ。



◎170℃で予熱 マカロンを入れたら130℃で13分

結果:もうちょっとピエが欲しい!



◎180℃で予熱 マカロンを入れたら130℃で13分

結果:許容範囲内な出来のピエじゃないかしら!
紫いもマカロン
何故か1枚だけヒビ割れしたけども!



今回は5シート分しか調査できなかったので

次はまた予熱温度を上げて好みのピエにしたいと思う。

ピエ消失もオーブンの急激な温度変化によるものだったようだし

収穫はあったなー!

紫いもマカロンカット
前回はほぼ全部空洞ができてたけど、

今回はほぼ空洞なしじゃないか!?

もしかしたら空洞ができてたのは焼きすぎによるもの?かも?

このへんもまた再調査で~。









マカロンリベンジ

前にマカロンネタをUPしてから何度か作ってるんだけど

なかなか上手くいかないなー。

メレンゲは問題ないと思う。
メレンゲ
マカロナージュもだいたいやめ時が分かるようになってきた。

見た目も良い感じ。
マカロン焼
結局、鉄板とクッキングシートの間に

「何も挟まない」のがウチのオーブンのベストかも?


今回焼いた調査結果で

「新聞紙を挟まない場合、焼く温度と時間を下げないと

表面がパリパリでサクサクのメレンゲ菓子になってしまう。」

という事を勉強しました。


う~む、完璧に仕上げるにはまだまだ調査が必要ですね・・・


現在、冷蔵庫には絶えずマカロンがある状態です








また失敗

バレンタインに作ったマカロン。

うまくできて調子に乗ってました。

再挑戦したら失敗したよ~~~~~

原因はたぶんマカロナージュ不足。

焼いたらポコポコ膨らんだ・・・
失敗マカロン1
見た目に大丈夫な物は全体の1/3のみ。
失敗マカロン2
見た目が大丈夫そうでも
失敗マカロン3
中が空洞になってるし・・・。

ツヤもないね

失敗した時に限ってレシピの倍量作っちゃった!

旦那はおいしいと言って食べてくれたけど

自分的には大失敗・・・食感が悪い。


オーブンの下火が強いからかも、と思って

鉄板とクッキングシートの間に挟む新聞紙の枚数を増やしたら

今度は火の通りが悪くなりすぎてピエができないし!

まぁ、色々勉強になりました


リベンジに燃える~~~~!

が、アーモンドプードルがもう切れそう。

楽天のセール期間に買う予定!

待ち遠しいな!!!!

次こそは立派なマカロンを!!!!







**愛用品**

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。